スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十二話 スネアイのプリさん、お説教です

2019/2/5(火)

ナナシャさんは、いつまでたってもまともにリネに来ません。
毎日来るようにはしてると言いながら、来ても5分10分です。すぐ寝ます。

落ちるときは、切断ではなく釣り放置です。
最初のうちは本当に眠そうで、忙しくて疲れてるのねーと思っていました。

クラハンにも参加していましたけど、始まってすぐ眠いからと言って離脱します。
この時は本当に疲れてそうでした。

稀に普通に来る日もありました。

クラハンはいつもオーレン雪山でした。
この頃はクラン員が急に増え始めた頃でした。

ある日、ナナシャさんが

ナナシャ 「他のところにクラハンに行かない?」

と言い出しました。みんな賛成しました。

ナナシャ 「傲慢の塔の最上階に行こう」

この時の新しいクラン員は、みんなLV60~70台前半です。
装備も初心者装備よりマシな程度でしょう。

私もLV83でしたけど、ACは70台なので防御は紙です。
誰かが離れたマミーロードに呼ばれたらフォローしきれません。

全員死んでもいい覚悟で行くなら問題ないんですけど、死にたくない人もいました。
メンバー的にもサポート役が不足していました。

今まで言いなりになっていた私は、初めてクランの事でナナシャさんに反対しました。

私 「みんなまだレベルも低いし、マミーロードに呼ばれたら最後じゃない?」
私 「みんな死ぬの前提で行くことになると思うけど、いいの?」

クラン員「・・・」

そこで他にも候補地が上がりました。
どこもナナシャさんにとっては不満な場所でした。

ナナシャさんはいつも同じだとつまらない、最上階がいいと言います。
もうただのわがままです。

『クラン員を大切にすることがおいらの楽しみ』はどこに行ったのでしょう。
結局、最上階は今回は見送りになりました。

今回のように、言ってる事とやってる事が矛盾している事が多々ありました。
昨日言ってた事が、今日は違うなんて事もよくあります。

気分屋すぎます。
周りは振り回されます。

ナナシャさんは、上位チャットをよく使います。
チャットは濃いピンク文字(赤紫?)で表示されます。

上位チャットは君主、副君主、守護にしかみえません。

ナナシャさんは、普段から通常のクランチャットでプライベートの話をしたりしているのに、たまに上位チャットで話すことがあります。

普通のクランチャットで話せばいいのに、と思う事がよくあります。理由はよくわかりません。

いきなり挨拶も無しに上位チャットに現れて、普通のクラチャには一言も発言しないでいなくなることがあります。

クラチャに寝ると挨拶してから、上位チャットで話をすることもありました。
その逆で、上位チャットで話をしてからインする事もありました。

普通のクラチャに誤爆して、焦って挨拶をする場面もありました。

大抵はリアルの愚痴です。誰かに聞いてもらいたいのでしょう。
別にクラチャで言ってもいいような内容です。

なんかコソコソしているようで、あまり好きではありませんでした。
それと、今日はリネする気起きないから寝るとか、クラン員の悪口とかです。

今さらっと書きましたけど、「クラン員の悪口」です。

これがかなり多いです。もしかしたら本人は自覚がないかもしれません。

信じられないかもしれませんが、守護に聞かれてはまずい悪口を言う時もあります。
上位チャットではなく、私にWISで言ってきます。

もしかしたら、私の悪口も言われていたかもしれません。

この悪口は、スネアイ初期から一部では有名でした。
悪口を聞きたくないから守護になりたくない、という人までいました。

ミフェさんはこの悪口が大嫌いでした。
ミフェさんのクラン「Sweets」では、この事を教訓に守護を置かないことにしました。

直近の悪口を例に挙げてみます。

ナナシャ 「おいら本当は、クラン抜けたり戻ったりするの好きじゃないんだわ」
ナナシャ 「Hがレイドでクラン抜けるのはいいんだけど、どうせならそのまま戻ってこないでくれないかな」

スネアイはレイド抜けOKです。プリさんの方針です。

Hさんは、スネアイのグループLINEでもプリさんと一番仲が良さそうにしていた人です。
Hさんが高レベルなのにスネアイに留まっていたのは、プリさんを気に入っていたからです。

信じられません。プリのプライドがおかしな方向に走っています。

ナナシャ 「RとCってあの二人どういう関係?」

私「それは約束なので言えません」

ナナシャ 「あの二人なんでクラハンこないの?」

スネアイの方針は基本自由なまったり狩りクランです。
クラハン参加は強制ではないですし、しない人もいます。

しかも二人は、ナナシャさんがいない時にはそれぞれ参加しています。
ナナシャさんがインしなさ過ぎです。

私 「ナナシャさんがいない時に、ちゃんと参加してるよ?」

ナナシャ 「他のクランと遊ぶんだったらさ、そっちのクランに行けばいいじゃん」
ナナシャ 「なんでうちのクランにいんの?」

唖然です。

『クランはリアルと同じくらい大事』
『クラン員を大切にすることがおいらの楽しみ』

言っている事と完全に矛盾しています。

そしてナナシャさんは、またリネにまともに来なくなります。
もはやクラハンにすら行こうとしません。

リアルが忙しくてリネにインしていなくても、スネアイのグループLINEにはプリさんのメッセージや写真や動画が投稿されます。

ナナシャさんの現状が、手に取るようにわかります。
本当に忙しいのか、そうじゃないのかもわかります。

最初の数か月は本当に忙しかったようでした。
途中から遊びが忙しくなったようでした。

その後、暇そうにしてるのもわかりました。

思い切り遊ぶから、遊びが忙しいという話は聞いていました。
薄々感づいていました。実は忙しくないことに。

私はナナシャさんが5分で落ちる前に、呼び出しました。

私 「ナナシャさん、お説教です」

LINEAGE LINKへ一票入れる


スポンサーサイト

テーマ : リネージュ日記 - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。